web集客が捗る。長期的な利益のためのマーケティング

webマーケティングの考え方、長期的な利益を出し続ける方法論やオウンドメディア、SEO対策、web広告などの技術的なノウハウ

ロングテールSEOの集客方法。キーワードの選び方とコンテンツの構成。

time 2017/07/31

ロングテールSEOの集客方法。キーワードの選び方とコンテンツの構成。

ロングテールSEOから売上を狙う方法。キーワードとコンテンツ構成を考える。

ロングテールSEOでの施策は、一般的な「ロングテール マーケティング」と考え方が同じです。

ここでは具体的にどのような観点に着目しながらロングテールのSEO対策を考えていけばいいか解説していきます。

ロングテールのSEO対策とはどのようなものか

まず、「ロングテール」「ロングテールのマーケティング」といった用語の意味に不安がある方は、「ロングテールのマーケティングとは?SEO対策にも使える戦略」(※)をお読みいただくことをおススメします。

(※ ロングテールの基本的な考え方を解説しています。)

また、上記の記事をご一読いただいていることを前提にして解説します。

いつものようにGoogleで検索した結果を以下にご紹介。

ロングテールSEOとはなにか?


「関連する様々なキーワード」「より幅広く……より購買に近い検索を行うユーザーの獲得」

Googleが回答してくれた答えがコレです。まさにこの通りです。

解説文中に「特定のキーワードで上位表示させるだけでなく」とありますね。

この「特定のキーワード」は、どちからといえば検索ボリュームの大きい「ビックキーワード」よりも、「ニッチ」で、検索ボリュームの比較的小さい「スモールキーワード」、若しくは、中程度の「ミドルキーワード」を意味します。

以前投稿した記事「SEO対策でキーワード戦略を練るときもロングテールの考え方を使う!」のページにて「ビックキーワードに固執する必要はない」と解説しました。覚えていらっしゃるでしょうか?

何故ビックキーワードへのSEO対策に固執する必要がないのか、その理由はいろいろあります。それは、「実現のハードルがかなり高い」「実現しても費用対が悪い」「ユーザーの検索意図に沿っていないページは順位を取ってもあとでGoogleの調整が入る(落とされる)」などの症状がありえます。

つまり、意図的な検索エンジン対策は、安定してキーワードが取れないばかりか、コスト・管理・労力の無駄に終わるリスクが非常に高いのです。(もちろん、成功例などの例外もありえますが、基本的にはこの考え方でOKです。)

関連キーワード、スモールキーワードでSEO対策を考える

本題に入る前に、ビックキーワード、スモールキーワード、関連するキーワードを具体例で整理しておきます。

試しに「時計」というビックキーワード(検索ボリューム:約 399,000,000 件)を例に考えてみましょう。

スモールキーワードでSEO対策

時計と検索エンジンに「質問」すると「ブランド」「ベルト」「人気」・・・といった”補完的なキーワード”が表示されました。

メインの軸として選択したキーワードが「時計」、それに対する補完的なキーワードを「共起語」などと呼ぶことがあります。(※)

さて、この時点で私が「欲しい」と思った情報は見つかりそうにありません。

先に答えをばらしてしまいますが、実は私、「安い腕時計は無いかな?あるとしたら価格はどのくらいだろうか?」という考えで「時計」という単語を打ち込みました。

この補完的なキーワードリストの中に「価格情報」を探せそうなキーワードの組み合わせはないですよね?

というわけで、わたしは再度「時計 激安」(約 30,700,000 件 )という単語でキーワードを打ち込んでみることにしました。
(「時計 激安」は、「時計」と比べて若干検索ボリュームが下がりました。)

そうするとどうでしょうか。今度は「時計 激安」を軸にした補完キーワードの候補がずらっとでてきましたね。

選択する情報の候補としては、「時計 激安 通販」もしくは「時計 激安 ブランド」あたりでしょうか。これで商品の価格について調べられそうですね。

人によって利用する単語は違います。一番最初の検索行動において私は「時計」しか打ち込みませんでした。ですが、「安い値段の時計は?」といった情報のニーズを満たすキーワードはありませんでした。

そこで情報を絞るために「時計 激安」と打ち込んだのです。

ちなみに、「時計 激安」(約 30,700,000 件 )は、検索数の規模からいうとまだまだビックキーワードの部類といえます。

今度はもうちょっと細かいキーワードも付け足していきましょう。

わたしは「低価格な時計が欲しいだけでなく、近いうちに予定している登山に使う腕時計として堅牢性の高い、頑丈な商品が欲しかった」という設定にしましょう。

そこで、「時計 激安 頑丈 登山用」とキーワードを打ち直してみることにしました。今度は、登山向けの機能を有してそうな頑丈な時計の情報がでてきましたね。

皆さんも以下のようなご経験はありませんか?


『 自分の欲しい情報がなかなか見つからない ⇒ ちょっと単語の組み合わせを変えて検索してみる ⇒ 自分が求めているものにより近い、精度の高いキーワードの組み合わせでもう一度調べる ⇒・・・ 』

検索エンジンは、条件を絞ったり、軸キーワードを変えたりすることでより欲しかった情報にたどり着けるような仕組みになっているのです。

時計という軸のキーワードに対し、「激安 頑丈 登山用」は補完的なキーワード、関連キーワード(共起語)といえますね。

さて、やっと本題へ。

「時計」や「時計 激安」がビックキーワードであるのに対し、「時計 激安 頑丈 登山用」(約 539,000 件)は「スモールキーワード」に分類されます。

ロングテールSEOを考えるとき、「時計」や「時計 激安」などよりも、「時計 激安 頑丈 登山用」のような「意味が具体的」「検索意図をイメージしやすい」「ボリュームの小さい組み合わせ」のキーワードで対策を考えたほうがより結果に結びつきやすいです。

「時計」や「時計 激安」という単語の組み合わせは意味が抽象的ですし、検索ボリュームが大きすぎるビックキーワードであるが故に対策が難しいのです。

ですから、検索ボリュームが少なく、尚且つ、ユーザーの検索意図、目的が具体的に分かりやすい単語の組み合わせである「時計 激安 頑丈 登山用」のキーワードを意識して記事やサイトを構成したほうが検索順位を獲得できる可能性が高くなるわけですね。

これがロングテールSEOのやり方の一つです。

関連・スモールキーワードを意識しながらSEO記事を書いてみる

関連・スモールキーワードで実際に記事を書いてみる

具体的にキーワードを考えたら、実際にキーワードを意識しながら記事を構成して書いてみましょう。

正直、やり方はいくつかありますが、誰でも簡単にできる方法を一つご紹介します。

記事の作成手順
  1. キーワードの組み合わせを確定する
  2. 選んだキーワードの検索画面で1位から8位くらいまでのサイトを読む(必要なら検索画面の2ページ目も読む)
  3. 読んだサイトのタイトルタグ、サイトURL、記事の要約をエクセル等に簡単にまとめる
  4. 上位表示されているサイトの更に上位を取るためにはどんな内容を書けばいいか考える
  5. 読者をイメージする(どんな内容なら記事に興味を持つだろうか?)
  6. タイトルとディスクリプションをよく考えて決める
  7. 設定した構成に基づいて記事を書いてみる
  8. 何度も読み返して誤字・脱字や前後の繋がりや論理が破綻している箇所の有無をチェック
  9. もう一度記事全体を振り返って、「キーワード ⇒ 記事の内容」に整合性(※)が取れてるか吟味(不安な箇所があれば修正する)

(※ 整合性: 記事の情報が「検索ユーザーがホントに求めている内容であるかどうか」についてよく吟味する。)

いかがでしたでしょうか。

ちなみに、私が過去に所属していた企業で実際に「メンター(助言者、指導者のこと。会社なら専門分野を担当している上司にあたる)」としてSEO対策を指導した経験から申し上げますと、SEO初心者の方は、やはりどうしても何度も書き直しをしていただいておりました。

慣れないうちは記事を書く以前の問題として、「キーワードの選定の仕方」や「ターゲットの研究」「競合サイトの調査」が非常に難しく感じます。(私も慣れないうちは何度も書き直しをしていました。)

慣れていないとなかなか難しい作業ではありますが、慣れてくるとこれほど楽しい作業はありません!

脱線したので話をもどしましょう。

注意していただきたいのは、以上の作業は「ロングテールSEOを実行すればキーワードの占有が必ず成功する」ことの十分条件ではなく必要条件である、という点です。

つまりこれをやれば確実にロングテールSEOができることを絶対に保証するものではないということです。

しかし、何事も挑戦してみなければ結果は分かりませんし何も始まりません。

検索順位が取れても取れなくてもPDCAを実践!作業内容を振り返る癖をつける

ロングテールSEOを実験してみて実際にキーワードが取れた場合、何故取れたのかいちど総括してみるといいでしょう。


「キーワードが取れたのは記事の内容がよかったからなのかな?」

「Googleアナリティクスで訪問数・PV・直帰率などのデータを調査してみよう。」

「ヒートマップでユーザーの挙動を調査してみよう。導線をどこかに貼れないか?」

目先の細かい成功に一喜一憂してる暇があれば、キラーページへのリンクをどう貼るか、このページから顧客がCVするにはどうすればいいか、導線のはどこから貼るか等について考えることに時間を割きます。

逆に、記事がインデックスせず、順位も取れない場合でも考えるべきことはたくさんあります。


「何がまずかったのだろう?構成だろうか?」

「キーワードの選定からもう一度考え直すべきか?」

「キーワードと記事の趣旨がかみ合っていないのでは?」

「『キーワード ⇒ 記事構成』 は整合しているハズだがユーザーの検索意図とかみ合っていないのでは?」

「ヒートマップとアナリティクスでアクセス状況を分析してみよう」

まずいところが明確になれば、もう一度トライしてどこを直せばいいか考え続けることです。

最初から何でもかんでも成功してしまったら逆に面白くありません。

まとめ

まとめ
  • 関連キーワード、スモールキーワードの組み合わせを考える
  • 対策したいキーワードを決めたら、検索結果画面から競合サイトを調査
  • 読者、構成を意識しながらどのような記事を書くか考える
  • 記事を書いたら必ずPDCAを実践!結果が中々でなくてもあきらめないこと。

最後までお読みいただきありがとうございます。説明文中で細かいポイントに触れていない箇所がいくつかありますが別途ページにてご紹介します。

ありがとうございました。

down

コメントする