web集客が捗る。長期的な利益のためのマーケティング

webマーケティングの考え方、長期的な利益を出し続ける方法論やオウンドメディア、SEO対策、web広告などの技術的なノウハウ

当サイトが重視する5つのポイント

time 2017/09/13

当サイトが重要視する5つのポイント

目標の設定と実行

目標(KPI)の設定は必ず必要です。ホームページは、単にアクセス数を増やせばいいというものではありません。

アクセスの数字に対し、どのくらいの割合で成約が発生するのか(成約率)。これを如何にして増やしていくか。そして、新規顧客の獲得とリピーターをいかにして増やしていくのか。

そのためには、月間(若しくは、一定期間中)に幾ら問い合わせ&注文が必要になるのか。

こういった現実的な視点からお持ちのウェブサイトをもう一度見直す、或いは、新たに作成していく、場合によってはリニューアルして改善を加えていく。

それをサポートするのが当サイトの役割です。

もちろん、最初から非現実的な数値を目標にしては、なかなか長続きしませんし、途中で心が折れてしまうことになります。

ですから、少しずつ「ステップ・バイ・ステップ」で一つずつ目標を達成していくのをお手伝い致します。

顧客の設定と仮説・ターゲッティング

ウェブサイトは、サイト所有者の意見を主張する場ではありません。俗っぽい言い方をすると、「チラシの裏」に書いていればいいことを、わざわざホームページで書く必要はないのです。

ホームページはあくまでもお客様を集客するための場であり、お客様が探していた情報を収集する場であるのです。

つまり、お客様の視点が欠けているサイトは、ホームページとはいえないのです。

マーケティングでは、お客様像(ペルソナ)を仮説として設定し、それに基づいて設定したお客様に向けたコンテンツや記事でサイトを構築していくのが基本となります。

まずは、「お客様」のことについて詳しくお聞かせくださいウェブサイトを見直す場合や新たにサイトを作る際にはこの考え方が必ず原点となります。

スマートホンへの対策

2010年台以降よりスマホの利用者が年々右肩上がりで増え続け、ついに、スマホの利用者がPC(パソコン)の利用者を上回る状況になりました。

お店の情報や商品、サービスに関する情報をパソコンではなく「スマホから検索する」という
行動パターンが増えてきたわけです。

パソコンの利用者もまだまだいますから、スマホとPC向けの両方への対策が必要です。

ここ最近では、「スマホ向けに対策できていない企業ホームページ」はかなり減ってきてはいますが、
それでもまだ対策できていない企業も残っています。

お持ちのサイトがまだスマホ向けのページに最適化されてない場合は、当サイトが責任をもって「スマホ向け」のページに最適化致します。

アクセス解析とレポート。改善のご提案

ホームページのアクセスの状況や施策の効果検証を行うためにアクセス解析を設置致します。

アクセスの状態やサイトのステータスを数値で測定し、改善できる箇所を探し出して「サイトの改善点」としてご提案致します。

サイトの問題点や改善できる箇所が明らかになれば、対策するべきポイントが明確になります。

もうすでにアクセス解析を設置されている場合でも、数値から読み取れる情報から考えられる対策を
お客様と一緒に考えていきます。

コンテンツマーケティング戦略

コンテンツマーケティングは、はっきりいえば、「短期ですぐに売り上げを出す」ための戦略ではありません。

ですので、”長期的な視点”に立った戦略プランを考える必要があります。外部SEO対策などのブラックな方法で短期的な売り上げ対策を行っている企業もあります。ですが、とてもリスクのある手法なので、おススメは致しません。

ホームページをコンテンツマーケティングの戦略に基づいて育てていくならば、多少時間をかけてでもじっくりとコツコツ積み重ねて目標を目指すほか道はありません。

コンテンツ配信とホームページでの集客。これをミックスした手法がコンテンツマーケティング戦略です。

down

コメントする